ロゴ

トイレトラブルは放置しないのが一番!故障を見分けよう

突然起きるトイレトラブルの特徴

毎日使っているトイレは突然水の流れが悪くなってしまったり、詰まってしまいます。いつも使っている場所ですが、使用時間が短いため水漏れに気づかず突然悪化してしまう場合もあります。異変に気づいたら早急に対応することが大切です。

トイレトラブルに困ったら専門業者を頼ろう

個室

毎日使用するトイレは大切に使おう

日常何気なく使っているトイレは使えなくなってしまったら大変ですし、修理費が掛かってしまいます。トラブルには経年劣化も原因となりますが、ちょっとした気遣いでトラブルを防ぐことも可能です。トイレットペーパーの大量使用や流してしまってはいけないものを流してしまうなど、未然に防げるトラブルもたくさんあります。

もしも故障してしまったら急いで業者へ

トイレトラブルは放置しているとさらに悪化してしまいます。しばらくして直るということはほとんどありません。水の流れが悪くなると詰まりや臭いの原因に、そして水漏れへと繋がってしまいます。水漏れはタンクだけでなくパイプなどの接合部分からも発生しますし、湿度が高まりカビが発生してしまうなどトイレ以外のトラブルへと発展してしまいます。軽度のトラブルにするためにも早めに業者への修理依頼をすることがトラブルの連鎖を防ぐことができます。

トイレの故障を見分けるポイント5つ

タンクの水漏れには止水栓を閉めることから

トイレタンクの水漏れはどこから漏れているか原因の究明が必要です。そのためにはまず止水栓を閉めることからはじめていきます。給水パイプなのか、浮き玉なのか、亀裂や劣化など原因は幅広く、最近のタンクは蓋が空かないタイプの増加から自ら直すことが出来ない場合もあります。

水がチョロチョロと出続ける

水が少量流れ続けているときにはゴムフロートの劣化やゴミが溜まっていることが原因の可能性が高いです。また、浮き玉が外れていたり、何かに引っかかっていて機能を果たしていないこともあるため、まずはタンク内を覗いてみます。改善できないときにはタンクの取り外しもすることになるため業者に依頼をします。

ウォシュレットから水漏れすることも

ウォシュレットのトイレの増加から、ウォシュレットの水漏れのトラブルも増加しています。劣化だけでなく、汚れからトラブルに発展することもあるため掃除をしておくと未然に防げる場合もあります。水漏れが発生したら止水栓を閉めるだけでなく、感電の危険があるためプラグも抜いておきます。

床の水漏れは幅広い原因がある

トイレの床の水漏れといえども便器やタンク以外の原因もあります。結露が原因の場合もあるため、ドアを閉めて温度差を極力なくしたり、換気扇を回し続け結露対策を行います。結露が原因でない場合には、接続部分やウォシュレットの可能性があります。ナットを締め直したり、パッキンの交換、さらには本体の修理が必要になる場合もあります。

配管の詰まりが原因となる症状

トイレの配管は給水管と汚水管の2種類です。タンクの水が増えないときには給水管の詰まりの可能性があり、便器の水の溢れの原因には汚水管の詰まりが原因の可能性があります。配管の詰まりの多くが改善するためには専門的な知識が必要となります。

買い替えの前にまずは修理を依頼してみよう

本体の交換は自力で行うと失敗した時に水漏れのリスクが伴います。交換も業者に依頼した方がおすすめですが、トイレの買い替えよりも修理の方が費用が安い場合が多いため、劣化するほど使っている場合には修理がおすすめです。

水回り全般に強い業者とトイレ専門業者を比較

水回り全般に強い業者の実績を確認

水回り全般に強い業者は創業してから長い業者が多いため実績が伴っています。個人宅だけでなく、公共施設や企業への実績さらには市区町村に指定されている業者もあるほどです。実績で信頼できるかどうかを確認してみることもおすすめです。

ホームページや口コミをチェック

トイレ専門業者の多くがホームページを利用しています。ホームページの内容に会社概要や事業内容などの情報がしっかりと掲載されているか確認を行います。小さな会社の場合にはホームページがない場合もありますが、ホームページがなくても最近は口コミサイトも少なくありません。ネットを活用して探してみることがおすすめです。

広告募集中