更年期障害の症状に効果的な対策には何があるのか考える

更年期の不調を治す

医者と看護師

女性ホルモンを補う

更年期とは、一般に閉経をはさんで前後5年ずつ合わせて10年間をいい、平均するとおよそ40代中盤から50代中盤の頃を指します。女性の転換期でもあるこの時期は、多くの人が心や体の不調を訴えると言われています。気温に関係なく起こるのぼせやほてり、突然の発汗、理由もなくイライラしたり逆に落ち込む鬱的な心の状態、肩や背中の強いコリや痛み、頭痛等、様々な症状があり、これらをまとめて更年期障害と呼んでいるのです。更年期障害が発症する理由は、閉経を迎えるにあたって女性ホルモンの分泌が減少することが原因と考えられます。女性ホルモンが減少すると、それに関わる自律神経の調整がうまくいかなくなり、そのため様々な不調が現れてくるのです。そこで、病院の婦人科や更年期外来などでは更年期障害対策として、足りなくなったホルモンを外から補充するホルモン補充療法を行っています。この治療は、更年期障害の原因を根本から改善するもので、症状の緩和に大きく役立つとされています。これにより、不調による日常生活の困難の解消が期待できることから、女性の生活の質を維持することに大きなメリットがある治療法と注目されています。

注意とその他の改善法

更年期障害対策として、ホルモン補充療法は非常に有効な治療法です。しかもこの治療法は保険適用されることから、経済的負担が軽く、長期間利用できる対策としても優位性が認められます。ただし、既往症がある場合等ではこの治療法が行えないことがあるため注意が必要です。このような例や体にムリのない更年期障害対策を希望する人に高い人気があるのが、漢方による治療です。漢方は今起こっている症状を改善するとともに、体質による不調も同時に改善していきます。即効性というより、穏やかな効き目で少しずつ改善していく治療方法です。以上が保険適用される治療方法ですが、病院によっては自由診療による治療を行うところがあり、今これが大変注目されています。これは、従来のホルモン補充療法や漢方による治療も視野に入れつつ、カウンセリングを増やして精神的なケアにも力を入れています。また薬だけでなく体に優しいとされるサプリメント利用するなど、個人の状態に合わせた治療を行っています。