更年期障害の症状に効果的な対策には何があるのか考える

女性の天敵

悩む女性

加齢とともに発症します

更年期障害、というものを最近よく耳にするようになりました。「更年期」とは、女性の卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が減り、閉経をむかえる前後の期間の事をさします。もちろん個人差はありますが、一般的には、40代半ば頃に多くみられると言われています。そして、更年期をむかえる時期に、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が減り、ホルモンバランスが乱れてしまいます。これによって、軽いうつ状態になったり、上半身がのぼせたように感じたり、汗を大量にかいたり、などの症状があらわれます。これを「更年期障害」と言います。最近では、過度なダイエットや生活習慣の乱れなどが原因で、30代後半からでも更年期障害になってしまう人が増えていています。よって更年期障害の早期発症は、今後深刻化していく問題であると予測されます。

食事による対処法

更年期障害は、女性ではほとんどの人が発症してしまうもので、決して珍しいものではありません。漢方や薬など様々な対策方法がありますが、一番手軽に行える対策は、食事によるものです。女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって起こってしまう更年期障害は、逆にエストロゲンを増やすことで、症状が緩和されると言われています。エストロゲンの動きを活発にしてくれる食品は、主にイソフラボンが多く含まれる大豆製品であると言われています。一日平均40〜50mgのイソフラボンをとることで、症状は緩和されます。また、イライラしないように、カルシウムを多くとる、という対策も有効です。カルシウムは、イライラした時などの精神的な面に影響するもので、住乳やひじき、チーズなどを普段より多く摂取することで、症状を緩和させることができます。自身が行ないやすい対策方法を選択し実行しましょう。